基礎化粧品は日本ブランドのほうが肌によいでしょうか?

基礎化粧品を買い替えようと思っています。アンチエイジングに良いと口コミを見つけた海外ブランドのコスメがありますが、年齢肌にはやはり日本製の基礎化粧品のほうが良いでしょうか。

基礎化粧品はどのブランド、メーカー、原産国でもまずは肌チェックして選んでください。海外ブランドのなかには日本人の肌に合わせて改良されたタイプもありますが、刺激が強そうなイメージがありますよね。アンチエイジングをする肌年齢はわずかなダメージでも回復するまでに時間がかかります。負担を抑えるためには添加物の不使用などを意識して選んでください。その点日本のブランドのほうが安全性や肌質に合わせてあるので安心といえます。

基礎化粧品を選ぶ時に困る日本製と海外製のコスメの違い

基礎化粧品ってメーカーやブランドがたくさん。どれも気になるけど日本製と海外製のブランドはどちらのほうがいいのか、選ぶ時に迷ったことはありませんか。デパートの化粧品コーナーに行くとまず目に入るのが有名外国ブランドの売り場。値段も高くて効果がありそうですが、日本人の肌にあうかどうか不安になりますよね。

そこで年齢肌で悩んでいる方に知ってほしいのが日本製と外国製の化粧品の違いについて。年齢肌はできるだけ刺激を抑えたスキンケアが必要なので、どちらを選ぶにせよ自分の肌との相性が大切ですよね。

基礎化粧品は日本製のほうがいい?

  • 並行輸入と国内正規品の違い
  • オーガニックに注意
  • 国内工場であるかどうか
  • 日本コスメと海外コスメの違い
  • パッチテストをしよう

以上の点をご説明します。

並行輸入と国内正規品の違いはなに?

海外旅行に行って化粧品をたくさん買ってくる人や、ネット通販で海外ブランドを個人輸入している人など、海外製の基礎化粧品を愛用している人は少なくありません。ラグジュアリーなブランドや安価な化粧品など質も色々。海外製の基礎化粧品で気になるのが、並行輸入と国内正規品という2種類があることがですがこの違いって何かご存知でしょうか。そこで海外製の基礎化粧品を購入する際に覚えておきたい2つの違いをご説明しましょう。

並行輸入品

食品、ブランド、化粧品などあらゆる生活グッズから海外からやってきます。化粧品でもよく見かける「並行輸入」というものですが、この商品は海外のメーカーやブランドから正規ルートで輸入しているもの

本来は海外ブランドは日本の輸入総代理店が直接現地会社から買い付けて国内のショップで販売していますが、日本の販売代理店以外の人やお店が買い付けたものを販売しているのが並行輸入品。たとえば代理店とは関係ないバイヤーが現地のブランドショップで買い付けたものを日本で販売すればそれは並行輸入品になるのです。

メリットは輸入代理店を通してないためあらゆる手数料がかからないので価格が安いこと。為替レートによって安く商品の買い付けができるので購入者にとってはお得ですよね。並行輸入品のデメリットは正規販売店から購入したものではないため、購入後のアフターケアがないこと。欠陥がある商品を日本の正規取り扱い店に持ち込んでも取り扱ってくれないこともあります。

国内正規品

国内正規品は日本の輸入総代理店が現地のメーカーから直接商品を買い付けて日本のデパートなどの正規販売店で売っている商品のことです。正規輸入しているものは現地ブランドと契約関係があり、イメージや質を大切にして商品の価格も決められています。偽造品でない安心感がありますが値段が高い点がデメリットになるでしょう。

基本的に並行輸入も正規輸入品も商品に違いはないはずです。しかし悪徳な業者が存在しますので並行輸入の場合はパッケージが違う、化粧品の成分が異なる等注意が必要な点もありますよ。

海外のオーガニック基礎化粧品に注意しよう

肌に優しいから、植物成分なので安心といった理由から近年とても人気があるオーガニック化粧品。アンチエイジングにも効果がありオーガニックだけにこだわって使っている人もいるでしょう。海外ブランドのオーガニック基礎化粧品が日本でも手軽に購入できます。

オーガニックとは有機栽培の植物を成分にした化粧品のことで、実際にはオーガニックの植物をひとつだけでも使用すれば「オーガニック」という名前をメーカーでつけることが可能です。逆に海外ではオーガニック化粧品の定義が日本よりもはっきりしているため、信頼性は高いのですが心配なのが使用する成分なのです。

敏感肌や乾燥肌だと刺激が強い成分が使用されていることがありますし、使用方法があいまいなことも。また添加物を使用しないオーガニック化粧品は使用期限が決められたものがありますので、日本に到着した段階で保管できる期間が短いものなども存在します。

国内工場であるかどうかの違い

基礎化粧品が肌に合わないと毎日ダメージが蓄積されて、肌の加齢速度も速くなってしまいます。とくに刺激が強い成分はバリア機能を破壊するので年齢肌は要注意。日本製か海外製か迷ったときについ見落としてしまうのが、どこで製造された商品かという点です。

海外製なら工場が海外にあることは一目瞭然ですが、日本製コスメであってもコストを安くするために海外工場で作り日本で販売している商品もあります。海外に工場があると衛生管理や商品の保管状況などが日本のようにしっかり行き届いていない可能性がありますので注意しないといけません。

化粧品は肌に付けるものですから信頼できる商品が一番、海外製か日本製か迷ったときは必ず製造国もチェックして判断しましょう。

日本コスメと海外コスメの大きな違いは?

色々な判断基準がある日本製と海外製の基礎化粧品の違いですが、基本的に日本では安全性に関して海外よりも厳しい基準を設けています。国ごとに安全基準は違いますから海外製の基礎化粧品の中には、日本で使用禁止されている成分や添加物を配合しているものが存在します。色素や防腐剤などつい見落としてしまう点は、肌のダメージ原因になりますので日本製のほうが安心できるといえますね。

また成分の含有量も、日本製基礎化粧品は日本人の肌質に合わせて作ってありますので、使う量と肌タイプに合わせて影響がでないようにこだわっています。海外ブランドの化粧水を使うと肌がひりひりするという方は意外と多いでしょう。肌への安全性や使い方など、信頼できるのは日本製。もし海外製の基礎化粧品を購入する場合は大手のブランドであるかどうか、また口コミなどもチェックしてから判断しましょう。

パッチテストをしよう

日本製と海外製の基礎化粧品、どちらも自分の肌に合わないと使う意味がありません。日本製だから絶対に大丈夫ということでもありませんので、安心して使用するためには必ずパッチテストを行って確認しましょう。

パッチテストのやり方は、入浴後に腕の内側に化粧品を適量塗りそのまま24時間放置して様子を見ます。この間にひりひりやかゆみ、赤みなどの症状が出たら肌に合わないサイン。低刺激化粧品と宣伝されていても肌に合わないことはよくありますので、必ず刺激チェックをしてから基礎化粧品を購入してくださいね。

コメントは受け付けていません。