敏感肌によい基礎化粧品でメイクの下地をする方法

敏感肌だと色々な悩みを抱えて、毎日のスキンケアがストレスになることがありますよね。さらに女性の皆さんにとっては敏感肌の基礎化粧品選びはとても大変で、おすすめランキングを見て選ぶ人も多いはず。肌の状態を整えないとメイクにも悪影響がありますので、敏感肌と基礎化粧品の相性は何よりも大切ですね。

そんな悩みを抱えた女性たちにお伝えしたいのが、基礎化粧品で肌を整えて肌に優しくメイクをする方法です。肌の働きを理解して無理なく魅力を引き出すコツについてご紹介したいと思います。

敏感肌の基礎化粧品とメイクのコツとは

  • 赤ら顔
  • アレルギー
  • 乾燥
  • ニキビ
  • メイク商品の選び方
  • メイクのコツ

以上6つの点をご紹介します。

敏感肌の赤ら顔の原因と改善方法

肌から透けて見える血管や毛穴の開き、キメのあらい鼻や頬、アゴなど肌の状態が悪くて困っている敏感肌の人はとても多いですよね。とくに乾燥しやすい季節になると頬が赤くなる「赤ら顔」は痛みを伴うことがあるほど。敏感肌が赤くなるのは皮膚が薄く血管が拡張されて透き通って見えるためで、すぐに消えないことが何よりも辛い点ですよね。

敏感肌は基礎化粧品で赤ら顔を改善できます。選ぶ時はなるべく刺激が少ない敏感肌用の基礎化粧品で、炎症を抑える成分が配合されているもの。天然成分を中心につくられた基礎化粧品や添加物が入っていないものなら安心です。

また普段の食生活で肌の抗炎症に効果があるビタミンCを意識して摂取することも肌を丈夫にする効果がありますので、野菜や果物、サプリメントなどをプラスするのもよいでしょう。

アレルギー肌に良い基礎化粧品

敏感肌とアレルギー肌は共通点がいくつもありますが、どちらも基礎化粧品選びは慎重にならないと症状を悪化させる原因になります。アレルギー肌はアレルゲンとなる物質が体内に入ると、早いスピードで体の免疫システムが反応し湿疹などの症状がおこります。

肌のバリア機能が弱いアレルギー肌は少しの刺激にも反応しやすく、親からアレルギー体質が遺伝するケースも少なくありませんので、もし親がアレルギーを持っている人は基礎化粧品選びも十分に注意して行いましょう。

アレルギー肌を根本から改善するには皮膚科など医療機関で相談ですることが必要ですが、自分でできることは普段の基礎化粧品選びを見直すこと。たとえば抗炎症の働きがあるアロエ成分を配合したスキンケアやアレルギーテスト済みの化粧品など、肌の状態に合わせて選びましょう。

また保湿ケアはバリア機能を活性化するために大切なことなので、コラーゲンやヒアルロン酸などもしっかり肌に補ってください。

乾燥しやすい肌の原因と対策

敏感肌と基礎化粧品はうまく相性が合えば肌質改善になりますので、どれを選ぶか迷ったときは基礎化粧品のおすすめランキングなどを参考にすることも必要です。乾燥肌の特徴はサンドペーパーのように表面がざらざら、水分が不足している状態で水不足の畑のようです。

乾燥肌の原因は食生活が引き金になる場合、季節や気温、また基礎化粧品の成分による場合もあり、色々な角度から要因を考えないといけません。たとえば敏感肌なのにアルコール成分の入った基礎化粧品を使っていると、さらに症状を悪化させてしまいます。

乾燥肌は皮脂の分泌が十分にできないことが特徴なので、保湿をメインにした敏感肌の基礎化粧品がオススメです。また1日2回の洗顔が負担になる場合は1回だけにする、アルコール不使用の基礎化粧品など肌の潤いを守ることを意識してください。スキンケアではパックやマスクなどもプラスして肌に水分を補給しましょう。

敏感肌のニキビトラブルの原因と改善

敏感肌はニキビやふきでものができやすく、スキンケアからアプローチして肌質を改善することが大切です。肌に合わない化粧水などを使い続けているとバリア機能が低下して角質層にダメージが加わってしまいます。

またニキビは皮脂の過剰分泌が原因で毛穴に汚れや古い角質が詰まり菌の繁殖原因に。基礎化粧品が原因でニキビができることがある反面、正しく基礎化粧品を選べばニキビができやすい敏感肌は改善できます。

たとえば特定の化粧品を使うと肌の状態が悪くなる場合はすぐに使用を中止しましょう。クレンジング剤や洗顔料も肌にあうものを選び、毛穴の汚れを取るためにはクレイ成分を配合したタイプもオススメです。

敏感肌のニキビはニキビ専用化粧品を使うと逆に肌に負担がかかることもありますので、皮脂コントロールができる保湿化粧品を使いさらに食生活や生活習慣の見直しも意識してみましょう。皮脂を抑えるためには乾燥させないことが一番。保湿成分が配合された基礎化粧品で普段からお肌を整え、ニキビができたときは市販のニキビ薬でまず対処してください。

敏感肌のメイク商品の選び方

敏感肌は基礎化粧品だけでなくメイク商品も肌に合わないものだと症状を悪化させる要因になります。一日中メイクをしていますから、負担はかなり大きなものになりますよね。そこでチェックしたいのが敏感肌用メイク商品の選び方について。せっかく基礎化粧品で肌環境を整えてもメイクのせいでまた敏感肌になっては困ります、

植物性成分と肌の相性をチェックする

オーガニックコスメがブームになっていますが、天然成分は肌にとてもよいイメージを皆さんお持ちでしょう。しかしすべての植物性成分が肌に良いとは限りませんし、敏感肌だと刺激を受けやすい場合もあります。

またオーガニックコスメは成分配合で表記されない種類もありますので、肌に良いかどうか判断するにはまずはテスターやサンプルを使ってチェックしましょう。

刺激の強い成分を避ける

敏感肌の基礎化粧品選びはとにかく刺激を抑えることが基本。そのためにはいくら化粧品の効果がよいと宣伝されていても、自分の肌に強い成分は避けないといけません。たとえば添加物、人工香料や保存料などは少量でも長い間使っていると肌の負担に。アルコール成分、強い殺菌成分、界面活性剤、鉱物油、パラベンなどはできるだけ控えましょう。

清潔を維持する

毎日メイクをする習慣、気が付くと同じファンデーションのパフをずっと使っていたり、ブラシを変えずに何か月も使い続けていることがありませんか?これらのメイク道具は皮脂や肌の汚れが付着して菌が繁殖している可能性がありますので、定期的に洗浄するか新しいものに交換するなど清潔に保ちましょう。

また化粧品も一度開封したものはなるべく早く使いきること大切、いつまでも使わない化粧水など菌が繁殖している可能性がありますので、開封してから1年以内に使うか、不安な場合は処分してくださいね。

敏感肌のメイクのコツを覚えよう

敏感肌はできればメイクをせずにナチュラルに一日を過ごしたいところ。しかし外出する時や仕事ではどうしてもメイクは欠かせませんよね。そこで敏感肌で困っている方、メイクは次の点を守ってやってみましょう。

ファンデーションのコツ

ファンデーションはパウダーとリキッドタイプがありますが、敏感肌はバリア機能が弱いため肌に負担が少ないパウダータイプがオススメです。リキッドは毛穴の詰まり原因になりますし、油性成分が多いため肌に負担に。

また最近はミネラルファンデーションがブームになっていますので、敏感肌にはとても優しく使えるので良いでしょう。ミネラルファンデーションはコンシーラーとしても使える機能性の高さが魅力。肌のテカリを抑えカバー力もあることから年齢肌のメイクにも評価されていますよ。

こすらないこと

敏感肌は基礎化粧品からファンデーションまでなんども肌のパッティングのステップがあります。肌を無理やり叩いたりこすることはバリア機能を破壊してしまうため、優しくスキンケアをしてくださいね。とくにファンデーションはしっかりカバーするためについ力を入れてこすってしまうこともあるでしょう。摩擦は敏感肌の大敵なので洗顔時もなるべく抑えるようにしてお手入れしてくださいね。

長時間のメイクは避けること

朝から夜までメイクを落とせない時はありますが、なるべく長時間肌に負担をかけないように家に帰ったらすぐにメイクオフして保湿しましょう。つい面倒で寝る前まで何もせずに放置してしまうこともありますよね。しかしたった数時間でも肌をリラックスさせることは肌環境を整えるために大切です。

飲み会で疲れたのでメイクしたまま寝てしまうなんてことだけは絶対にさけてくださいね。

パッチテストをしよう

敏感肌の基礎化粧品やメイクアイテムは、肌に安全という売り文句の商品を多く見かけますが、実際に使うまではどのような反応があるか判断できません。そこで確実に失敗を防ぐためには、新しい商品を購入する際、必ず24~48時間のパッチテストを行いましょう。腕の内側など肌の柔らかいところにつけてそのまま放置して、なにも問題がなければ大丈夫です。

コメントは受け付けていません。