毛穴を基礎化粧品でうまくカバーする5つのコツ

毛穴の開きや汚れは加齢とともに目立つようになり、洗顔したりパックしたり皆さん色々な方法でケアをしていると思います。毛穴は汚れが入るとどんどん広がり、さらに汚れが入りやすくなる悪循環がありますが、洗顔しても落とせないのは肌の老化が関係している場合もあるのです。

ハリ不足、たるみは毛穴を広げる原因、これでは根本から肌を引き締めないといつまでたっても毛穴の黒ずみは気になるでしょう。そんな厄介な毛穴、基礎化粧品でうまくカバーする5つのコツをご紹介しましょう。

毛穴を基礎化粧品でカバーするには

  • リフトアップする
  • 保湿ケアでハリを回復
  • クレンジングと洗顔のコツ
  • クレイ成分配合の洗顔をする
  • 紫外線対策

以上5つのポイントをご説明します。

リフトアップによいマッサージをしよう

加齢により表情筋の働きが低下すると顔全体が下に下がり、ほうれい線や目尻のシワなどが目立ってきます。同時に気になるのが毛穴の開きで汚れが詰まるとメイクでもカバーできなくなりますよね。

こんな肌は基礎化粧品を活用するためにもまず土台となる肌を元気にすることが大切。リフトアップすると毛穴の目立ちが少なくなるだけでなく、見た目年齢も若くなりますよ。リフトアップにはリンパマッサージが良いので、アゴの先端から上に向かうようにマッサージしましょう。耳の付け根周辺は頬のたるみ予防に効果がありますのでぜひトライしてくださいね。

毛穴対策の保湿ケアでハリを回復しよう

毛穴が目立つ時は普段使っている化粧品から毛穴ケアの基礎化粧品に変えることも大切です。毛穴ケアでは保湿が何よりもハリ回復への近道になりますので、コラーゲンやセラミドなどうるおい成分が配合された基礎化粧品を使ってください。

また毛穴にアプローチする収れん化粧品や保湿化粧品などもうまくプラスして、肌のハリ不足を解消しましょう。またオイル成分が多い化粧品や毛穴の詰まりになるスクラブ洗顔などもちょっと避けておくと安心です。

クレンジングと洗顔のコツについて

毛穴の基礎化粧品を使う際に使い方も意識して効果を引き出しましょう。毛穴の汚れを取るためには毎日の洗顔とクレンジングが欠かせません。しかし洗顔しただけで毛穴の奥まですっきり綺麗になる効果は期待できませんので、とにかくコツコツと続けることが必要ですね。

クレンジングは肌に負担が少ないクリームやオイルタイプがオススメ。ティッシュオフしてからたっぷり作った洗顔石鹸の泡を顔に押し付けるようにして洗ってください。

毛穴対策にはクレイ成分配合の洗顔料を使う

洗顔料にはクレイ成分を配合したタイプがありますので、毛穴の汚れを取るときに使うといいですよ。クレイは泥成分のこと、汚れを吸着する働きがありますので毛穴の中に入り込み綺麗にする効果が期待できます。

またクレイ成分は保湿効果が高いので、毛穴ケアだけでなく乾燥肌や年齢肌の洗顔にもピッタリ。毛穴ケアによい基礎化粧品をお探しの時はクレイ成分配合のクレンジングや洗顔料がオススメです。

紫外線対策を欠かさないこと

毛穴の基礎化粧品は保湿やリフトアップなどあらゆる効果が期待できますので、スキンケアの目的に合わせて選んでくださいね。そしてスキンケアだけでなく肌のダメージを防ぐために紫外線対策も忘れてはいけません。

紫外線を多く浴びると活性酸素が発生し皮脂分泌が活発になってしまいます。またシミやソバカスの原因になりますのでアンチエイジングをするときは紫外線対策もセットで続けてくださいね。

コメントは受け付けていません。