顔のたるみが悩みの40代です!リフトアップするお手入れ方法は?


エクササイズをするとお腹のたるみなどボディは多少改善できますが、顔のたるみとなると何をやってもダメ。劇的な変化がなくてもいいので効果がわかる方法を教えてください。

顔は体と違い筋肉の使用量が少なく鍛えるチャンスがありませんよね。SMAS筋膜と呼ばれるところが顔の皮膚を支える筋肉で、一番上の皮膚から4.5ミリほどの場所に位置しています。

外側から刺激をしても脂肪が邪魔してあまり効果が見られないのでマッサージよりも表情筋のトレーニングをするとよいでしょう。大きく口を開く運動などネットの動画を参考にするとよいエクササイズが見つかりますよ。

40代の顔のたるみを改善するかっさマッサージとは?

40代になると顔のたるみが悩みになる人はとても多くなり、アンチエイジングを意識している人がほとんどではないでしょうか。シワ、シミ、肌のくすみなど肌に表れる年齢は頑張っても完全に止めることができません。たるみは表情を変えてしまうほど影響を与えるものでしかも改善するのが大変。皮膚を引っ張り上げて鏡とにらめっこしている方はとても多いでしょう。

そんな40代の顔のたるみトラブルですが、皆さんは対策としてどんなことをされていますか。年齢肌はアンチエイジング化粧品で肌のお手入れをすることは基本。さらにほかの人と差をつけるためにはたるみ改善の工夫が必要です。そこでご紹介したいのが、小顔で若く見える40代がやっているかっさマッサージについて。顔のたるみ改善に効果をもたらすやり方と効果についてご紹介します。

リンパが滞ると顔がたるむ?

40代の顔のたるみは目尻、頬などあらゆるところで皮膚が全体的に下がる症状が特徴。原因は色々考えられるのですが、リンパの流れが低下することも要因のひとつといわれています。そもそもリンパというのは皮膚の表面から2mmほどの深さのところに張り巡っているもので、リンパ管と呼ばれるなかにはリンパ液が流れています。わきの下、鎖骨などにあるリンパ節と呼ばれるものを総称してリンパと呼んでいます。

リンパ液は血管からでた物質が染み出して細胞の間に流れ、血液とはちがい心臓のポンプで押し出されるものではありません。リンパは筋肉収縮により流れ約10秒で4㎝の速さで流れているといわれています。血液と比較すると流れる速さはとても遅いことがわかるでしょう。このリンパの働きですが、大きく分けると次の2つの大切な機能を持っています。

排泄

静脈は老廃物を心臓まで運ぶ働きがあります。リンパ液はここで運び切れなかった余分な糖質、脂質、疲労物質などを回収して排出する機能を持っています。そのためリンパ液の流が滞ると体のむくみや代謝の低下などの症状を起こしてしまうのです。また排泄機能が活発になれば筋肉の疲労物質も体外に排出されるため全身疲労が減るというメリットもあります。

免疫機能

リンパは細菌から体を守る大切な免疫機能があり、リンパ節にあるリンパ球は抗体を作り出しウイルス感染細胞の働きを抑制する健康にも大切な働きを行います。リンパ節をマッサージすると免疫アップし体の調子が良くなるといわれています。

かっさマッサージは民間療法

かっさプレート

40代の顔のたるみ改善に話題になっている「かっさマッサージ」のはじまりは中国の民間治療。2500年ほど前から中国ではかっさマッサージが行われていたといわれています。「かっさ」と呼ばれる専用のマッサージ道具を使い行うもので肌をこすりながらリンパ液の流を活発にして肌の老廃物をながすことが目的です。初心者にも簡単にできるマッサージで、安室奈美恵さんの小顔はかっさマッサージのおかげともいわれています。

顔のリンパの流れが滞るとニキビやふきでものができやすくなり、さらに栄養がしっかり届かないため乾燥肌、敏感肌になることもあるでしょう。また年齢肌に多い肌のくすみもリンパの流れが悪くなると起こる症状のひとつ。顔のむくみはたるみを招くこともありますので、健康的な肌を作りながら全体的に引き締める効果が期待できるのです。

最近はエステサロンでかっさマッサージを行うところがあるように、美肌マニアにも大変注目されている民間療法。化粧品だけではたるみ予防は完全にできない部分もありますので、便利なかっさを使って効率的なリンパマッサージをプラスするとさらに年齢肌にも自信が持てるようになります。

かっさはさする、こする、汚血という意味があり、皮膚をこすり汚れをながすという意味があります。リンパの流がスムーズになると血液の循環も促され肌にとってはいいことずくし。指でマッサージするよりもかっさを使ったほうが圧をかけやすいため、リンパマッサージのテクニックがない人でもできることが魅力でしょう。

かっさの種類を選ぼう

かっさプレート

40代の顔のたるみはなにもせず老化が進むとほうれい線が深く刻まれ、改善するのは年々大変になってしまいます。なんとなくフェイスラインが崩れ始めたという時がかっさマッサージをスタートするタイミング。まずは「かっさプレート」について詳しくご説明したいと思います。

かっさプレートは様々な形があり初めての人はどれを選ぶべきか迷うところ。定番の形は「天使の羽形」と呼ばれるもので、楕円形の靴ベラの先端のような形が特徴です。この定番のかっさプレートは尖ったところ、両サイド、先端とそれぞれの部位で異なるマッサージができます。たとえばサイドの広い面は広範囲にしっかり圧力をかける時、丸みのある先端部分は頭皮のマッサージ、細く尖っている部分は目元のマッサージやつぼ押しの際にも最適です。

かっさプレートを使ってマッサージをするとたるみ、むくみ、肌のくすみが改善され第一印象でかなり若さをアピールすることが可能に。とくに化粧品だけでは難しいリフトアップ効果が期待できるので40代の顔のたるみ改善にはぜひプラスしたい美容習慣といえるでしょう。かっさプレートはほかにも棒型、魚型、くし形などがありますので、自分の顔に合わせて使いやすいタイプを選んでください。

人気があるのは天然石素材タイプでパワーストーンの効果も同時に得られることができます。天然石は肌を滑りやすい特徴がある反面、割れやすいデメリットもありますのでマッサージをする前は必ず破損やひび割れなどを確認しておくことが必要です。

かっさマッサージを始める前に知っておきたいこと

かっさマッサージのやり方についてご説明したいと思います。まずはじめる前に知っておきたい次の4つのポイントを覚えておきましょう。

  • かっさマッサージは週に1回~2回まで
  • マッサージオイルやクリームを使う
  • むくみをとる
  • 力加減を意識する

40代の顔のたるみに良いといわれるかっさマッサージ、効果をもっと実感するためには毎日頑張ってマッサージしたほうが良いのではないかと思う人もいるでしょう。しかしプレートを使って肌に圧力をかけるマッサージなので摩擦による負担に注意しないといけません。毎日やると肌が疲労してしまい美肌効果がしっかり得られないこともありますので、週に2回ぐらいを限度に続けてください。

またマッサージする際も1部位は3~5回程度のマッサージにすること。なんでもやりすぎは逆効果になるのでご注意ください。そしてかっさマッサージをする際は必ずオイルやクリームなどマッサージ用のコスメを肌につけてからスタートしてください。何もつけない状態でマッサージをすると皮膚の摩擦量が多くなりバリア機能を破壊したり乾燥肌が悪化する可能性もあります。

マッサージのコツはリンパの流れを活発にしてむくみを改善すること。むくみが減るとリンパの循環が良くなっているサインなので肌の引き締め効果や栄養循環も同時に改善されるでしょう。かっさマッサージは専用の道具を使うのでそれぞれの形によっても圧力のかけ方が変わってしまいます。

自分の手のサイズに合わせて選ぶこと、持ちやすい形にすることを念頭におき、マッサージする際は軽く痛みを感じる程度の気持ちよさで行ってください。無理な力を加えると表情筋の筋繊維を傷つけることもあるのでご注意ください。

かっさマッサージの手順について

肌は顔だけが独立しているものではなく頭皮やデコルテなどに続き、全身のリンパの流れも美肌に影響しています。かっさマッサージの良いところは顔以外にもできることで、効率的な美肌ケアをするためにはボディマッサージを行うこともコツです。まず顔のやり方ですが次のポイントをおさえてはじめてください。

かっさマッサージのポイント

  • 基本的な手順は心臓のある左側から行う
  • 顔は中心から外側へかっさプレートを動かす
  • おでこやアゴは内側から外側へ向かってマッサージする

簡単な手順はこれだけですが、さらにツボやリンパの場所にターゲットを置くと効果を実感しやすくなりますのでかっさマッサージは下準備も大切なポイントです。

顔のマッサージをする前はまず鎖骨からはじめましょう。鎖骨の下を中心から外側に向かい脇の下にむかってリンパを流します。そして鎖骨の上を中心から外に向かい外に流し、顔に向かってリンパの流れを活性化しておきましょう。もうひとつは耳の周辺をマッサージすること。かっさプレートの尖った部分を使い、耳の周辺をぐるりと後頭部から前に向かってマッサージ、最後は耳の付け根を上から下に向かい直線を引くようにマッサージします。

耳の次は首のリンパ、耳の付け根から鎖骨に向かうように上から下に向かいマッサージしてください。首の付け根も同様に上から下にマッサージしてリンパの流れをスムーズにしてから顔をスタートしましょう。お風呂に入っている時も血液やリンパの流れが活発になっていますのでかっさマッサージがとてもやりやすいタイミングです。ゆっくり全身の疲労回復をしながらかっさマッサージをすることもオススメです。

リンパの流を改善する生活習慣について

40代の顔のたるみはマッサージが大変メリットになります。自己流にやっていると効果が実感できない場合もありますので、かっさマッサージのように専用の道具を使うことはとても効率的といえるでしょう。リンパは体内の老廃物を運ぶ大切な役目がありとくに顔は見た目年齢を変えるほど重要です。リンパの流れが活性化されるとデトックス効果につながり、肌の透明感がアップし細胞の働きも活性化されていくことでしょう。

かっさマッサージは1回だけではたるみ改善効果を得られないためスキンケアの習慣のように続けてください。またマッサージ以外にもアンチエイジングとして続けたいリンパの流れを活発にする次の生活習慣を心がけましょう。

栄養バランスを整える

リンパの流れは骨格筋の運動や腸のぜんどう運動などにより体内を流れています。そのため生活習慣が悪影響を与えることがありとくに食生活はリンパの流れと密接な関係があります。食べすぎ、脂質や糖質のとりすぎなどは肌トラブルを招く原因にも。リンパの流れをスムーズにするには5大栄養素と呼ばれる脂質、タンパク質、炭水化物、ビタミン、ミネラルをバランスよく摂取しましょう。

体を温める

女性にとても多い冷え性、体が冷えるとリンパの流れが滞ってしまい、肩こりや顔のたるみが悪化します。できるだけ足元や指先、首などは温めて全身の血液の流れをスムーズにしましょう。冷たい食べ物も体を冷やす原因、夏でも温かいものを意識すると健康にもメリットがあります。

運動をする

運動不足になると筋肉への刺激が減りリンパ管に圧がかからないため流れが悪くなります。ウォーキングなどの手軽にできる有酸素運動、また顔の筋トレなどもオススメです。

顔のたるみ・ほうれい線対策としてヒアルロン酸注射の効果は?

コメントは受け付けていません。