敏感肌&乾燥肌ですがどのような基礎化粧品がオススメですか?


敏感肌&乾燥肌というとても面倒な肌質で悩んでいます。基礎化粧品は肌にとてもあっているのですがもっと効果を感じるような使い方のコツはありますか。

敏感肌&乾燥肌は正しくスキンケアをしないともっと症状が悪化する恐れがありますので、まずは毎日使っている基礎化粧品が肌にあっていることを確認しておきましょう。ひりひり感やかゆみ、赤みなどが残らないもの、使用感が肌に合っているものがオススメです。

基礎化粧品の使い方のコツですが、肌がダメージを受けやすいので摩擦など刺激を加えずに使うことが基本。パッティングを何度もしないと浸透しない化粧水よりも、すっと肌に馴染むタイプを使うのも改善策ですよ。

敏感肌&乾燥肌の基礎化粧品・化粧水の使い方で美肌になろう

敏感肌&乾燥肌の基礎化粧品は選ぶのがとても大変ですが、さらに忘れてはいけないのが使い方も肌状態を左右するほど大切である点。とくに毎日使う化粧水は肌を守るはずのアイテムですが、間違った使い方をすると肌のひりひりや乾燥がさらに目立つ場合もあるでしょう。

そこで敏感肌&乾燥肌の基礎化粧品について、化粧水の使い方の徹底ガイドをご紹介したいと思います。年齢が気になる肌も化粧水のつけ方次第で若さを取り戻すことが可能なのです。

敏感肌&乾燥肌の化粧水のつけ方は

  • 正しい方法で肌の汚れを落とす
  • 過剰なパッティングをしない
  • コットンを使わない
  • 蒸しタオルを使って化粧水パック
  • 次のステップは時間をおく

以上5つのコツをご説明しましょう。

化粧水の効果を引きだすためには正しい方法で肌の汚れを落とすこと

敏感肌&乾燥肌用の基礎化粧品は最近種類が豊富になり、選択肢が色々で逆に困ってしまうという人もいるでしょう。化粧水はスキンケアの基礎的なアイテムですからどんな肌タイプの人でも使っていると思います。

保湿成分やアンチエイジング成分など、美肌を目指すこれらの美容成分は肌が汚れていてはしっかり浸透しないことをご存知でしょうか。化粧水の使い方の前にまずは肌の下準備が欠かせません。また角質層を最も傷つけるのがクレンジングでもあるため、敏感肌の方は注意して正しく行いましょう。次のポイントを守り化粧水前の清潔な肌作りをはじめてください。

清潔な肌作りのポイント

  • 濃いメイクはクレンジング時間が長くなるのでナチュラルメイクにする
  • 界面活性剤が多いオイルタイプでなくクリームタイプのクレンジング剤がオススメ
  • 洗顔の前にクレンジング剤を軽くティッシュオフする
  • 保湿成分が配合された洗顔料で泡洗顔する
  • すすぎはたっぷり時間をかける

過剰なパッティングをしないでデリケートにスキンケア

化粧水をたっぷり手の取り肌にパンパンと叩きつけるようにしてつけるのはダメ。皮膚には毛細血管がたくさんあるので過激なパッティングでダメージを与える場合があります。化粧水をつけた後に頬が赤くなるのはパッティングによるダメージの可能性がありますので、敏感肌&乾燥肌はハンドプレスで抑え込むようにして化粧水をつけてください。

バリア機能が弱い敏感肌はパッティングも外部の刺激となりますので、普段のスキンケアの習慣を見直すことが大切ですね。パッティングせずにしっとりさせるには次のポイントを意識しておきましょう。

化粧水を使うときの注意点

  • ビタミンC誘導体入りの浸透性がよい化粧水を使う
  • 化粧水を手のひらで軽く温めてからつける
  • 乾燥しやすい部分は重ねつけする
  • セラミド入りの美容液を使う

コットンで摩擦すると肌のバリア機能がダメになる!

化粧水をつける時にいつも議論されるのが、「コットン」を使うべきが不要か。コットンにはデメリットもメリットもありますので、敏感肌&乾燥肌の場合は正しい使用方法を知っているならOKです。コットンを使う場合は中指と薬指の腹に乗せて両端を抑えるように固定します。そこに化粧水をしみこませて肌に優しくつけていきましょう。

目元や口元など皮膚が薄い部分は注意すること。またコットンで肌をこするように化粧水をつけると、バリア機能が破壊されてさらに乾燥を招く場合もあるのでご注意ください。コットンを使う場合は必ず顔の内側から外側に向かって優しくつけること

上手に使えない時は手のひらでも十分化粧水を浸透させることはできますので、必ずコットンを使わないといけないことはありません。

しっとり効果を倍増させる蒸しタオルを使って化粧水パック

化粧水は洗顔後に肌につける使い方が一番簡単で一般的。せっかく配合されている保湿成分をもっと浸透させるためには、化粧水パックという使い方がオススメです。肌の吸水力を高めた状態で化粧水をつけるといつもよりもしっとり効果が高くなりますので、敏感肌&乾燥肌の基礎化粧品の使い方にぜひプラスしてください。

化粧水パックは毎日時間があれば夜のスキンケアでやりたいことですが、忙しい時は週に2~3回程度でもよいでしょう。ではやり方についてみていきたいと思います。

化粧水パックのやり方

  1. ・電子レンジで温めた蒸しタオルを洗顔後の肌に乗せて5分蒸らします。
  2. この間にコットンを薄く剥がしたものに化粧水をたっぷりしみこませておきます。
  3. 毛穴が開き顔が少し火照る状態になるまで温まったらコットンを顔全体に乗せて10分ほど待ちましょう。
  4. パックの後はそのままでクリームや乳液で肌を整えて完了です。

化粧水の次のステップは時間をおいてから

化粧水はスキンケアの習慣なので必ず使っているけど、どんな役割があるか正しく把握していない人も少なくありません。まずは以下の化粧水の役割について憶えておきましょう。

化粧水の役割

  • 肌に水分を与える
  • 角質層内の水分を維持する
  • 皮膚表面の水分蒸発を防ぐ

この3つの基本的な役割のなかでも、とくに大切なのが水分保持。化粧水は水分で肌を潤すイメージがありますが、水分をしっかり維持できないとただの水を肌につけているようなものです。

敏感肌&乾燥肌の基礎化粧品の使い方で覚えておきたいことは、化粧水を付けた後の次のステップに移るまでの時間。化粧水によってはすっと肌に馴染む浸透性の高いアンチエイジング化粧品もありますが、時間がかかるものも少なくありません。

次の乳液やクリームのステップにいくまえに、必ず肌がしっとりっしていることを確認してください。まだ表面が濡れている状態ですぐに乳液をつけると、角質層がうるおい不足のままです。

手のひらにぴったり肌が吸い付くほど潤いが届いたら、次のステップに移りましょう。

コメントは受け付けていません。