基礎化粧品が肌に合わなくなってきました!変えたほうが良いですか?


30代後半の主婦です。最近基礎化粧品が肌に合わなくなってきたのですが、これはアンチエイジングケアを始めるサインなのでしょうか。

30代後半で基礎化粧品が肌に合わなくなってきたという症状は、肌の老化が考えられます。年齢的にはアンチエイジングケアを始めても全く問題ありませんが、今までどのような化粧品を使っていたのかわからないのではっきりとは言えませんが、まずは浸透性のよい化粧品に変えてはどうでしょうか。

30代後半になると吸水性が低下していきますので、化粧水をつけても表面しか潤わない場合があります。これだと化粧品の成分が効果を発揮できないので肌に合わないかもしれません。

30代後半で基礎化粧品が肌に合わなくなってきたらどうする?

30代後半で基礎化粧品が肌に合わなくなってきたという方は大勢いると思いますが、この年齢だとアンチエイジングをスタートするべきか、それとも肌の調子が一時的に悪いだけなのか判断しにくいかもしれません。こんな悩みを抱えている方、満足するスキンケアに改善するための対処方法についてみていきましょう。

アンチエイジングは年齢で判断するものではありませんが、もしかしたらと不安に思っている方。肌の老化サインを見つけ適切なお手入れを開始するタイミングかもしれません。

30代後半で基礎化粧品が肌に合わなくなってきた時は

  • 浸透性の高い化粧品にしよう
  • 保湿成分を見直そう
  • 基礎化粧品の種類を増やそう
  • 添加物をチェックしよう
  • アンチエイジングを始める

以上5つのポイントを見ていきたいと思います。

年齢肌によい浸透性が高い化粧品の見つけ方

30代後半から基礎化粧品が肌に合わなくなったという方、そろそろアンチエイジングを始める時かもしれません。ずっと同じ化粧品を使っているのに、突然肌の状態が悪くなる時やしっとり感が不足するようになったら、化粧品が合わないことと肌環境が変わってきたサインといえるでしょう。

そんなときにはまず化粧品の浸透性を見直し、角質層の奥まで成分をしっかり届けるケアをはじめてください。肌の老化は20代後半からすでに始まっていますので、30代後半は色々な肌の衰え症状を感じてもおかしくはありません。とくに基礎化粧品との相性が悪いと感じるのは次の点を考える必要があります。

バリア機能を回復する

皮膚にはラップ程度の薄いバリア機能という働きがあり、外部の刺激から肌を守ることや内部の水分を閉じ込める働きをしています。しかし30代後半になるとバリア機能の低下が著しく、肌が乾燥しやすい、化粧品でひりひりすると感じることも増えてきます。バリア機能を強化するには保湿で肌細胞を活発にしてあげることが大事なのです。

ビタミンC誘導体

アンチエイジング化粧品の成分としてお馴染みのビタミンC誘導体は、通常のビタミンCの浸透性を高くしたものでさらに分けると水溶性や油溶性があります。ビタミンC誘導体は角質への浸透が早く即効性がある点が特徴。肌表面で効果を発揮して角質層の奥まで届き、さらに持続性が高いことも肌にとってはメリットになります。

シミやシワ、乾燥予防として効果がある成分なので肌環境の乱れを整える時にぜひオススメです。

セラミド

セラミドは角質層の細胞間脂質を作る成分で角質細胞と一緒にバリア機能をサポートしています。30代後半から基礎化粧品が合わなくなったという時は、加齢によるバリア機能の低下が考えられセラミド不足が原因かもしれません。こんな時は浸透性をアップするためにもセラミドでバリア機能を維持しましょう。

トライアルでチェックする

基礎化粧品のなかでも一番使用量が多いのが化粧水。そのため肌環境を左右する大切な存在なので、しっかり浸透するかどうかトライアル化粧品でまずはチェックしてみましょう。30代を過ぎると肌の老化スピードは人それぞれ違います。

まだ大丈夫と油断していると肌年齢に合ったスキンケアができなくなりますので、すっと肌に馴染む浸透性の高い化粧品を選んでください。

保湿成分を見直し肌環境に不足するものを補う

乾燥しやすくなった、使用感が違う、ひりひりするなど、いままでにない症状が表れた時は基礎化粧品と相性があっていない可能性があります。20代なら夜更かしや食生活などが影響して、たまたま肌の状態が不安定になっていることが考えられますが、30代後半はアンチエイジングを意識したほうがよい年齢といえるでしょう。

こんな時は今まで使っている化粧品よりももっと質の高い保湿成分や種類を増やすことをオススメします。次のポイントを意識して基礎化粧品を選んでみましょう。

保湿成分は多種類必要

コラーゲン入りだから安心と言えるのは20代まで。そもそも肌の保湿は皮膚を水で濡らしても効果がありませんし、べたつく油っぽいクリームだけでお手入れしても無理なのです。角質層内部にある潤い成分を保持して、肌表面から蒸発する水分を防ぐことがスキンケアの保湿。年齢を重ねるごとに不足する成分は皆さん異なりますが、1種類だけの保湿成分では間に合わないことがほとんどなのです。

コラーゲンとヒアルロン酸は必須

コラーゲンとヒアルロン酸は20代後半からどんどん減少しています。真皮に存在するコラーゲンは繊維状の成分で肌の弾力をつくる働きがあり、化粧品によっては真皮層まで吸収されず角質層で保湿するのみとなります。もっと奥からケアするためには浸透性の高いコラーゲンやビタミンC誘導体などと一緒に使うとよいでしょう。

ヒアルロン酸は水分保持力を高める大切な役割がありますので、アンチエイジングをスタートするときには欠かせない保湿成分です。

オイル系もプラスしよう

潤い成分は化粧水のようにすっと肌になじむ化粧品がまずイメージされるでしょう。大切なのはこの潤いをキープするためのオイル系成分。アボカドなどの植物オイル、ミンクオイルなどの動物油、そしてワセリンなどの鉱物油など種類も多彩にあります。肌環境に合わせ水分をしっかり閉じ込めるオイル成分も保湿の際には忘れずにプラスしましょう。

基礎化粧品の種類を増やし潤いをしっかりキープ

30代後半から基礎化粧品が合わなくなった時は、すべての種類を見直す必要はありませんが、今までよりも化粧品の数を増やすことも対策のひとつです。たとえば化粧水だけの人は乳液を使う、もしくはクリームをプラスしてバリア機能を強化すること。部分的に乾燥しやすい人は美容液やスポットケアをするなど、化粧品をうまく活用することで肌年齢を上手にケアできるようになります。

無添加化粧品で肌の負担をなくそう

化粧品に含まれる添加物は肌にダメージを与え、働きが低下する30代後半になり急に症状が現れる場合があります。若い肌なら対抗できた添加物も年齢肌には強すぎてしまうのです。刺激の強い保存料、人工香料、アルコールなどは肌細胞の働きを不安定にして老化を進める原因。これから基礎化粧品を選ぶ時には無添加を意識してみましょう。

アンチエイジングを意識した生活習慣をスタートしよう

30代後半は育児や家事、仕事などで色々なストレスを感じると思います。毎日のスキンケアだけでは肌環境を整えることが十分でない場合もあるため、これからは生活習慣からもアンチエイジングを意識してみませんか。次のポイントが美肌生活にオススメです。

美肌生活のポイント

  • 睡眠の質を高める
  • 野菜類を増やし肌によい栄養補給をする
  • 適度な運動習慣で肌のデトックスをする
  • ゆっくりスキンケア時間を楽しむ
  • ストレス解消

コメントは受け付けていません。