顔のたるみ・ほうれい線対策としてヒアルロン酸注射の効果は?


顔のたるみが目立ち、線を引いたようなほうれい線の色素沈着も目立っています。しっかり改善したいのでヒアルロン酸注射を検討中。実際にやったことがある方の意見を知りたいです。

ヒアルロン酸注射は美容外科クリニックでもとても多い美容施術で、気軽にできることが魅力です。ヒアルロン酸は肌の水分を維持する大切な美容成分、不足するとシワやほうれい線ができるので皮膚に直接注入するヒアルロン酸注射は効果が期待できます。

しかし永久に肌のハリが維持できる注射ではありませんし、コストもかかることを知っておかないといけません。クリニックでまずはカウンセリングを受けデメリットも理解しておきましょう。

顔のたるみ・ほうれい線改善とヒアルロン酸の関係について

肌の老化は20代後半から始まるといわれていますので、30代を過ぎると多少なりとも老化症状が気になる人は多いでしょう。顔のたるみ、とくにほうれい線は年齢をはっきりアピールする困りもの。しかし自分でできることには限りがあるように思いますよね。そこで顔のたるみで困っている方、解消するためのオススメの方法をご紹介したいと思います。

年齢とともに減少する美肌成分、肌のハリや弾力を作るヒアルロン酸はほうれい線対策にも注目されるもの。そこで早速ですがヒアルロン酸と顔のたるみに注目してリフトアップするコツを解説していきたいと思います。

顔のたるみやほうれい線の原因について

顔のたるみが進むと無表情でもほうれい線がはっきりわかるようになります。自然と悪化する「たるみ」、シワやフェイスラインの崩れなど見た目年齢に与えることが色々あるでしょう。なぜ顔はたるむのか、年齢だけが原因ではありません。

加齢による筋力の低下

体の老いは誰にでもやってくること。とくに疲れやすい症状は年齢を重ねるごとにどんどん悪化していくでしょう。顔も同様に加齢により表情筋の働きが低下してたるみを招くことがあります。表情豊かに生活することは気分的に若くなる以外にもたるみ予防にもなります。

紫外線によるダメージ

アンチエイジングで注意したいのは紫外線対策。日焼け症状のように表面でわかることではなく怖いのは角質層に到達した紫外線のダメージです。角質層内にはコラーゲンやセラミド、ヒアルロン酸などの肌のうるおいやハリを維持する大切な成分がありますが、紫外線を浴びるとこれらの成分が破壊されてしまいたるみの原因となるのです。

代謝低下による脂肪

代謝が低下すると皮下脂肪が溜まりやすくなり、重さで肌がたるんでしまいます。むくみは老廃物が溜まっているサイン。代謝を活発にすることがたるみ予防に大切です。

頭皮のたるみ

頭と顔は皮膚がつながっていますので、頭皮のたるみがそのまま顔のたるみにつながる場合があります。頭皮は血液の流れが最後になるため栄養不足で老廃物が溜まりやすい部分。顔のたるみの根源となる場合もあるで頭皮ケアも大切です。

姿勢の悪さ

猫背の人は前かがみになるので重力で顔のたるみが進行しやすい傾向があります。また姿勢が悪いと内臓機能にも負担がかかり栄養不足やリンパの流れが悪くなることもあるでしょう。背筋をピンと伸ばして生活することは気分的にも美肌へのモチベーションが高くなります。

ヒアルロン酸不足は顔のたるみ原因に!

顔のたるみやほうれい線ケアによい化粧品でよく使用されている「ヒアルロン酸」。美肌によいイメージはみなさんあると思いますが、どのような働きがあるか詳しく知らない方もいるでしょう。ヒアルロン酸は真皮層に多く含まれ、水分を保持する働きを持っています。皮膚の表面を潤す効果があり不足すると肌のハリ不足や表面の乾燥症状を招くこともあるでしょう。

元々体にある成分なのですが、加齢とともに減少していくため年齢肌はかさつきや肌荒れなどを起こしやすくなります。ヒアルロン酸の保水力は抜群でスプーン1杯の量だけでもペットボトルの15本分を保水するといわれるほど。皮膚をはじめ体内のあらゆる部分で弾力性を維持しとくに女性には肌のたるみを予防する大切な存在になっています。

ヒアルロン酸は最近になって注目されているような印象がありますが、効果や存在が確認されるかなり昔から食されていたという歴史があります。たとえば中国の楊貴妃や中世フランスの妃なども美容食としてヒアルロン酸が多く含まれた鶏肉を食べたという話があるほど。現在はバイオ技術で作られる人工ヒアルロン酸が美容界をはじめ急速に普及しています。

健康食品、化粧品の原料など、目的に合わせてヒアルロン酸が補給できるようになりました。顔のたるみやほうれい線対策として人気があるリフトアップ化粧品に、必ずといってよいほどヒアルロン酸が配合されているのは、抜群の保水力と弾力性をアップするためなのです。ヒアルロン酸が不足すると次のような症状が起こる可能性がありますよ。

ヒアルロン酸不足の症状

  • 乾燥肌になりハリがなくなる
  • 髪がパサつきツヤがなくなる
  • 二枚爪やさかむけになる
  • 眼精疲労やドライアイ

サプリメントとスキンケアでヒアルロン酸補給!

顔のたるみとほうれい線対策はヒアルロン酸補給が欠かせないポイントのひとつです。肌のハリ不足は様々な原因がありますが、年齢とともに減少するヒアルロン酸は不足しはじめた時にしっかり補うことがたるみ悪化予防にも重要です。生まれた時がピークのヒアルロン酸、いきなり減るものではなく徐々に自覚しない間に減っています。40代になると半分程度まで減るのでシワや肌のハリ不足などヒアルロン酸不足のサインはどこかしらで表れているはずです。

補給する方法としてはまずアンチエイジング用の化粧品で肌から補う方法があります。ほうれい線対策はリフトアップ化粧品を中心に浸透性の高いヒアルロン酸が配合された化粧品を選びましょう。また合わせてコラーゲンやセラミド、エラスチンなどの潤い成分も摂取することでトータル的に肌のハリを回復させることができます。

またヒアルロン酸をしっかり補うためにはサプリメントで体内からアプローチすることもオススメ。ヒアルロン酸が減ると肌以外にもあらゆる症状を招きますので、健康を考えてサプリメントで美肌と健康管理を同時に行うことも大切です。

スキンケア、サプリメント、どちらも短期間で効果が実感できることではありませんので、継続することが一番大切です。

ヒアルロン酸注入のメリットとデメリットについて

即効性を期待するヒアルロン酸の補給方法としては、美容外科クリニックで行うヒアルロン酸注入という方法があります。顔のたるみ、ほうれい線対策として人気がある美容施術ですがメリットとデメリットを考えて自分に合うか判断してください。

メリット

皮膚を切らずにできる施術でシワ取り、たるみ改善の効果があるヒアルロン酸注入は皮膚に直接薬剤を注入する方法です。施術時間は10分~20分程度でとても手軽。安全性もありますし何よりも即効性がある点がメリットといえるでしょう。

デメリット

簡単な施術ですがデメリットももちろんあります。注入する際に細菌に感染してトラブルが起こるリスク、またヒアルロン酸製剤の管理が悪く炎症や腫れを起こすこともあるでしょう。またヒアルロン酸注入は効果が永久ではありませんので半年~1年後ぐらいにまた施術を受けないといけません。1本数万円もかかるコストもデメリットになりますので、大切なイベント前など単発で施術を受ける人もいるようです。

顔のたるみによる毛穴汚れのよいお手入れ方法教えてください

コメントは受け付けていません。